ご挨拶
お客様の笑顔、
そして、その先のお客様の笑顔も思い浮かべて

弊社は昭和35年に私の祖父である「見崎福太郎」が焼津魚市場での仲買を主業務として始めました。
まだ冷凍技術が発達しておらず、生鮮魚として水揚げされていた時代。
祖父は常にお客様の目線に立ち、どれだけ暑かろうが寒かろうが魚の選定に決して手を抜いた買付けはしなかったそうです。
お客様の立場でものを「みて」、お客様にとって最善になる仕事をする。
これが弊社の初心であると思っています。
様々な技術が発達し、我々の暮らしが大きく変化している時代の中にあっても「食」という分野は生きていく上で無くてはならないものです。
その「食」を提供する一端を担っている弊社は、この初心を忘れずに「安心」で「安全」な製品を提供することで、お客様から「信用」「信頼」していただける会社として社会に貢献出来るよう努力し続ける所存です。
山福水産株式会社
代表取締役見崎 真

会社概要

社 名 山福水産株式会社
創立 1973年1月
資本金 1,000万円
代表者 代表取締役 見崎 真
従業員数 56名
所在地 【本 社】
 静岡県焼津市本町6丁目4番6号 [Map]
 TEL:054-627-5511
【冷凍食品工場】
 静岡県焼津市田尻2347番地 [Map]
 TEL:054-623-0696
事業内容
  1. 水産物の買付並びに販売および輸出入
  2. 水産物、農産物及び畜産物の加工・販売並びに輸出入
  3. 冷凍及び冷蔵保管の事業
  4. 惣菜の製造及び販売
取引銀行 しずおか焼津信用金庫
静岡銀行
信漁連
主な取引先 ・焼津漁業協同組合
・東洋冷蔵株式会社
・日本生活協同組合連合会
・株式会社極洋
・東海澱粉株式会社
・株式会社ニチレイフレッシュ

沿革

1960年 3月 魚介類買付販売業「見崎福太郎商店」を創業
1973年 1月 「山福水産株式会社」設立 資本金500万円
1983年 10月 焼津市惣右衛門に冷凍食品工場を建設、ロイン加工を開始
1992年 2月 資本金1,000万円に増資
1999年 10月 焼津市田尻に新工場を建設・移転 タタキ加工設備を併設
2002年 2月 タタキ製品に対して大日本水産会より「米国FDA基本HACCP設定」を受ける
2014年 11月 「味付鰹タタキ ゴマねぎ塩レモン」が第25回全国水産加工品総合品質審査会において大日本水産会会長賞および若者大賞審査員会賞を受賞
2015年 9月 ロイン製品に対して大日本水産会より「米国FDA基本HACCP設定」を受ける
2015年 12月 「鰹・鮪加工商品」においてハラール審査を合格、認証を受ける
2016年 1月 「鰹まぶしの素」が第26回全国水産加工品総合品質審査会において農林水産大臣賞を受賞